就活で使う履歴書の証明写真は見る側の目線で撮るのが正解!

Pocket

就活証明写真では、顔の表情で第三者に与える印象が変わるので注意しましょう。

普段の写真でも、笑顔で撮影していると明るい印象を与えることが可能です。このことは就活証明写真でも同様で、視点を撮影するカメラの方に向け笑顔で撮影をしなければいけません。

顔の表情で大切になることは、どのような目線で撮影するかということです。笑顔で撮影した就活証明写真を第三者が見ると、明るいイメージを持つことが多くなります。

写真を撮影する時のポイントは、しっかりとカメラの方向に視線を合わせることです。レンズに視点を合わせて撮影すると、就活証明写真を見る第三者に視線を送っているように仕上げることができます。

視線をレンズに合わせて撮影することが重要ですが、瞬きなどをしないことも大切です。写真を撮影するのは一瞬なので、カメラを見ながら瞬きをしないように気持ちを引きしましょう。

 

視点がカメラのレンズ以外の方向を向いてしまうと、暗いイメージなどを第三者に与えてしまうので注意が必要です。普段からうつむき気味になる人は、まっすぐカメラを見ているつもりでも視線が下に向いてしまうことが少なくありません。

気をつけていても視点が定まらない場合が多いので、就活証明写真を殺意する時には特に注意することが必要です。視線が下にならないようするためには、レンズの中心を見るのではなく少し上の部分に視点を合わせるようにしましょう。

レンズの上の部分を見るようにすれば、自然とまっすぐ前を向いているように撮影することが可能です。カメラのレンズの上の部分に視点を合わせていても、目の黒目があまり見えない場合はカメラやイスの高さなどを調節してもらいましょう。就活証明写真では、黒目がしっかりと見えている方が第三者によい印象を与えやすくなります。

視線が下がっている就活証明写真では、第三者に与える印象が暗いものになってしまうので気をつけなければいけません。写す時に視線が上に行き過ぎると、不自然な仕上がりになるので注意が必要です。

写真写りと印象が良く見えるコツ!就活写真の服装選びのポイント

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇