ES(エントリーシート)突破の要は証明写真にアリ

Pocket

就活証明写真の成功例と失敗例の事例をわかりやすく紹介します。

志望動機や自己PRを練るのと同じくらい大切なのが、ES・履歴書用の証明写真。

写真の写り次第で、印象がUPすることもあれば、逆に半減させてしまうことも・・・。

憧れの会社の選考に進める証明写真のヒミツに迫ります。

証明写真の成功例    

内定Getに近づける証明写真ってこんな感じ!

就活フルメイク+ヘアセット+肌修正あり

ヘアセット、メイクつきで証明写真を撮影。照明が肌を明るく見せてくれて、セルフよりもはるかにきちんと感があるヘアメイクで、誰から見ても”感じのいい”写真に。

就活写真のOK例。3つの好印象

ハツラツとしてて気持ちよく働いてくれそうな好印象。

就活が始まると何かと時間に追われることもあって、疲れてる顔写真は、写真写りも悪くなり、正直、見た目の印象は良くなりません。イキイキと、はつらつした表情を撮るには、時間に余裕があるうちに写真撮影するのがおすすめです。

清潔感があって、どこに行っても好印象。

人は見た目が9割、なんて話もありますので、証明写真を撮る時は、ヘアセット、メイクをしっかりと仕上げて、清潔感ある印象をアピールしましょう。ヘアメイクが決まれば、自然と姿勢も「シャン!」としますよ。

ちゃんとした写真で誠実な人柄が伝わる好印象。

履歴書やエントリーシートにプリクラや、スピード写真で撮った写真が貼ってあったら、採用担当の方はがっかりするものです。証明写真は、履歴書に書く文章のように丁寧に綺麗に撮って誠実な人柄を印象付けましょう。スタジオや写真館で撮った写真を提出して、就活の本気度と熱意をアピール。

 

証明写真の失敗例    

完全セルフヘア+メイク+修正なし

完全セルフのヘアメイクとスピード証明写真で撮影した様子を再現。なんだか暗くて寂しそうな印象……。
せっかくESでイイこと書いても台無しに!?

証明写真アプリやスピード写真機で撮ると、証明写真で大切なハツラツさ、清潔感、人柄が悪い意味で印象付けてしまう可能性があるので、大事な就活写真は後悔しないようにスタジオで撮りましょう。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇