就活写真の注意点!たった写真1枚で本人の人間性まで見透かされる?

Pocket

たかが証明写真、されど証明写真。後悔しない就活

履歴書に使われる証明写真は、本人確認の為のものですが、思わぬところで応募者の性格や内面・人間性を判断されてしまうことも事実。

証明写真のカット(切り口)が雑であったりすると履歴書の自己PRを読まずに判断してしまう可能性があります。

「この人はツメの甘い仕事をする」と判断されてしまうからです。

また、証明写真のクオリティにも採用担当者は目を向けます。

髪型が個性的すぎたり、表情がぶっきらぼうだったり、スーツ、シャツの特に襟周りがヨレていたりすると「だらしなく、常識がない」と思われてしまう可能性があります。

それと写真を撮った後も注意。

履歴書・ESの記入欄を一生懸命埋めて、「よし!オッケー!」って自分だけの趣味なら良いですが相手がいて、評価される側なので、勝手に終わりと思って、写真の切り方、貼り方など細かい所で油断してしまわないように注意しましょう。

また、就活で使う証明写真や面接ボロが出ないように普段から真面目そうで清潔感のある外見を心がけて習慣づけておきましょう。

就活写真の注意点と対策

髪型

一番は清潔感。営業にしろ、内勤にしても組織では他人と一緒に仕事をします。一緒に働く人に清潔感がなかったら周りの人は不快に思いますよね?そう思われないように、就活写真は散髪含め、清潔感あるヘアセットをしましょう。

それと茶髪や、金髪等、頭髪を染めているのは、いくら時代が変わったとはいえNGなのはもちろんのことですが、それらを隠す為にスプレー等で黒に誤魔化すのもさらにNGなので黒染めして、それでも赤く見える時は黒髪修正してもらいましょう。

肌荒れはすぐに治せるものではございませんが成人を過ぎた後のニキビや吹き出物は不潔に見えてしまいます。

面接において清潔感は必須事項ともいえるので小まめにスキンケアを行い、万全の状態で証明写真を撮影しましょう。

生活習慣を整えるだけでも多少は改善します。

また、写真館であれば、撮影した後に写真のニキビ等を除去してもらえるしメイクでのカバーも可能です。

スーツ

黒がスタンダード。もしくは濃い目の色を選びましょう。

顔との明暗がはっきりして非常に見やすくなるので人事担当者もすっきりしているなという印象を持ちます。

また、写真館であれば面接に合ったスーツを無料で貸し出して撮影してくれるサービスも増えてきています。

メイク

目の周りがアイラインやアイシャドウ等によって真っ黒になってしまったメイクや、カラコンやつけまつ毛等、過度なメイクはかなり印象が悪いです。

誠実性に欠けていると思われてしまうので

ナチュラルメイク、かつ撮影負けしないメイクで証明写真を撮り、面接に挑みましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇