どのくらいのお金をかけるのが普通? 就活写真にかける費用の相場

Pocket

就活の証明写真にかける費用は、どれくらいだと思いますか?

とにかく安く済ませたい!高くてもちゃんと撮りたい!

みなさん、それぞれの考えがあって写真を撮っているかと思います。でも先輩や、他のみんなは履歴書やESの写真はどうしているのか気になるところですよね。

そこで今回は、色々な就活向けサイトなど色んな証明写真の費用に関する情報をまとめた就活証明写真にかける費用の相場についてご紹介したいと思います。

就活写真の費用の相場は大きく2つ

費用にかける予算のパターンは2つに別れるようです。自分で画像編集をしたりして安く済ませるパターンと、ヘアメイクから焼増し・データなど全てプロサービスに任せるお任せパターンと大きく2つのパターンがあります。どちらも良し悪しはあるかと思いますが、安く済ませるのは賢い!高いから間違いない!ではなく、証明写真に関しては就活生自身のちょっとしたスキルに関係しているようなので、それぞれの特徴もまとめてみました。

証明写真を安く済ませるパターンの費用の相場

2,000円〜3,000円が目安

安く済ませる方の特徴

  • 枚数が必要ない方
  • 自分で画像データを編集できたり、焼増しできる方
  • 写真写りが気にならない方

説明しますと、枚数が必要ない方は、受ける企業を1〜2社に絞って決めている方。専門的ですが、自分で画像編集が出来てwebエントリーに必要なデータから証明写真の焼増し印刷までご自分でできる方が多く、写真写りも気にならないと思って、とりあえず撮って貼るだけの方もそのようです。

スピード写真や低価格で撮るだけのショップで撮影してデータだけもらって、あとは自分で画像編集や印刷ができる方は安く済ませているようです。

安く証明写真を済ませる方法の情報はいっぱいありますが、それには画像編集や印刷に関する知識、設備環境があって成立しますので、『誰でもすぐに簡単に』は出来ないと思います。

 

証明写真に投資するパターンの費用の相場

12,000円〜30,000円が目安

費用をかける方の特徴

  • 就活に専念する方
  • メイクをしてもらいたい方
  • 自己アピールを最大限活用する方

就活に専念というのは、ESや企業研究など就活の核となる部分に集中して、写真やデータに関することは、プロサービスに任せる効率型。特に女性ですが、学生時にメイクをほとんどされていない方も多く、就活となると社会人としての身だしなみも大事になりますので、写真撮影に利用する方も多いです。あとは自己アピール部分です。履歴書、ESと同じく見た目の重要性を理解している方は費用ではなく、自分の未来への投資と考えているようです。

写真に限らず就活はみんな、それぞれの考え方があるかと思います。ただどんな方法でも、目的は内定をもらえる事です。

そのために写真も1つの大事なアイテムになりますので、あとで後悔をしない選択をするように、自分に何が出来て、何が必要なのかを考慮して写真撮影は選びましょう。

就活の証明写真って、みんな写真屋さんに撮ってもらうもの?

Qスピード写真で撮る?写真屋で撮る?

A何かと忙しい現代、時間がなくて駅のスピード写真で済ます方も多いようですが、一般的にはスピード写真は控えるよう言われていますね。

結論、その会社にどれだけ強く入りたいと思っているか、だと思います。

スピード写真とそうじゃない写真の区別がつけられるかは分かりませんが、つくとすれば、採用担当者は「スピード写真で簡単に撮って出したんだ」と思うかもしれませんね。

また、写真と撮る時期ですが、だいたい書類を提出する1〜2ヶ月前くらいでしょうか。早すぎず、でもあわてずに撮っておきたいですね。

特に写真映りが悪いな〜といつも感じる方は絶対に写真スタジオで撮ることをお勧めします。

就活証明写真の撮影におすすめなスタジオファン|池袋・渋谷・神田・立川

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇