就活写真は黒髪が当たり前?茶髪が嫌われる本当の理由

Pocket

面接はもちろん就活写真も黒髪が当たり前で、茶髪は忌み嫌われていますが、全ての企業で黒髪が必須とされている訳ではありません。

就活用証明写真は黒髪で撮りましょう

そもそも一部の業種を除き髪色は制限されていませんから、多くの社員が髪を染めているケースも見受けられます。

このため本来であれば就活写真を黒髪にする必要は無いはずですが、採用担当者の多くはしっかりと髪色をチェックしています。

髪色をチェックする最も大きな理由は、入社後上司の指示に従い、組織の一員として業務を遂行できるかどうかの判断のためです。

大学や高校では就活生に対し身だしなみについてアドバイスしますが、その中には髪色も含まれ、決して茶髪でも問題無いと助言することはありません。

黒髪で就活するよう言われているにも関わらず茶髪で就活することは、権力に対する反骨心の表れと捉えることもできますから、入社後上司の指示に従わないと見られても致し方ないのです。

見た目で判断して欲しくないという意見もありますが、仮に能力が高かったとしても、組織の中で上手く機能できないと判断されれば、企業からの評価は低くなります。 企業によっては、管理職や上層部の考え方が問題となるケースも存在します。

近年は中高年でも茶髪に染める人がいますが、年齢が高いほど黒髪が常識という固定観念がありますから、採用担当者が問題視していなくても不利となる場合があります。

これとは別に官公庁や役所等に勤める公務員の場合は、世間の目を気にする必要がありますし、直接顧客と相対する接客業なども印象が重要となるため、茶髪が敬遠されると同時に清潔感も重要です。

直接患者と接する医師や看護師、薬剤師といった職業も黒髪が基本となります。

一方で美容師や服飾の接客業のように、茶髪がむしろ好印象となる業種もありますから、全ての企業で就活写真が黒髪必須というわけではありません。

IT関連企業の場合は、中途採用者に関しては髪色を問題視しない企業も増えています。

しかし、新卒の学生さんは、就活用の証明写真については黒髪にして撮っていた方が、絶対的に印象は良いです。

関連記事:証明写真を撮る時だけ黒髪にしたい。修正できますか?

 

就活写真の評価3部門で第1位に選ばれました!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇