就活のネクタイは色と柄選びが悩みどころ。好印象のデザイン選びのポイントは?

Pocket

就活では、身だしなみを整えて良い印象を与えることが重要になってきます。身につけているものすべてに気を配らなければいけなわけで、特にネクタイはそのデザインでどういう人間なのかを値踏みされてしまうので気をつけなければいけません。

就活写真のネクタイ選びは自分のイメージも踏まえてチョイス

ネクタイの色と柄の選び方ですが、まず大事なのは自分の個性に合わせた色にするべきだということです。

一般的に赤は力強くエネルギッシュなイメージがあり、青は誠実・真面目・冷静といったイメージがあります。自分は果たして行動的なタイプなのか、それとも沈思黙考をするタイプなのか、といったことを分析していきます。

ただ、白は結婚式のような慶事に使うものですから就活で使っていけません。一方で黒ですがこちらは使うこともあります。

しかし、黒の無地は流石に葬式ではないのですから、悪い印象を与えかねないので避けておいたほうが無難です。 それからスーツやシャツの色との組み合わせも考えておきましょう。

そのときに参考になるのは色相を環状に配した色相環と呼ばれるものです。近くに配置されている色は色合いが似ているもので類似色、正反対に配置されている色は正反対の色になり補色といいます。

類似色でまとめれば、馴染みやすく落ち着いた印象を与えることができ、補色は上手く使えば色の強調ができますが反発してしまうリスクもあります。

最終面接のように勝負どころでは、インパクトを作り出すために補色にしておき、就活写真では落ち着いた雰囲気を持たせるために青系の類似色にしておく、というような選び方ができます。

柄については無地やチェックなどいろいろありますが、キャラクターものについては子供のような印象を与えてしまいます。

就活には使うべきではありません。無地は落ち着いた印象を与えるのに対して、ドットは少しインパクトを強めに、チェックは穏やかさや親しみをもたらします。個性を強調させたいのであればペイズリーなどがおすすめです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇