就活写真を撮るのはいつ頃?おすすめするのは2月の中旬くらいがベスト!

Pocket

就活写真は解禁前の2月中旬をおすすめする理由とは?

今日は。カメラマンの井上です。

就職活動も、業界や職種によってエントリー受付の時期が異なってきていますが、一般的にほとんどの写真屋さんが就活生で混むのは2月と3月です。

その中でも、写真撮影におすすめするのは2月中旬。早すぎず、遅すぎない丁度良い時期ともう一つ、大きな理由がありまして、それは「就活の実感がわく時期」です。その辺を長年就活写真の撮影をしていて感じたことも含めてまとめました。

花粉症は証明写真の天敵!

撮影時期を2月中旬が良い理由

  • 表情が良い感じで引き締まっている
  • 解禁前に履歴書、ESの準備ができる
  • 写真館の予約にまだ余裕がある
  • 花粉症対策

表情が良く引き締まった感じがするのがこの時期です。それは就活への実感と程よい緊張感があるからかと思います。3月の就活解禁を控えて、そろそろ就活の実感が湧いて来て、撮影していても、前向きでやる気がある表情になっているように思います。事実、この時期の写真の表情はみなさん、すごく活き活きしています。就活写真は早めに、と言われても提出期限などないと、実感がわかないので写真館には足が向かないと思いますので、就活解禁の目前まで少し余裕がある2月の中旬に証明写真を撮影するのが良いと思います。

履歴書やESの準備もできることなら3月前には完成させておくのが理想です。最後に証明写真を貼ることになるかと思いますが、写真を後回しにしないほうが良いです。特に2月末から就活解禁後の3月15日あたりまでは、撮影のピークで予約が取れない事もありますので、履歴書が完成していても大切な写真の予約が取れなくて、スピード写真で提出・・・なんてことにならないようにしたいですね。

2月中旬までなら写真館によってですが、スタジオファンの場合ですが、当日でも予約が取りやすいので、スケジュール調整をしやすいと思います。

あと、最近多い花粉症の方。3月になるとひどくなって目が赤く腫れて、ぼやっとした目になりやすいので、花粉症がひどくお悩みの方はもっと早めの12月、もしくは1月に撮影することを出来るならおすすめしたいです。

あとは証明写真の期限の条件もあり、写真の賞味期限は6ヶ月以内の顔写真と定められてることが一般的なので、2月は丁度良いタイミングでもありますね。

ギリギリすぎると、予約が取れない事も

3月を過ぎると、予約で混み合うのと、説明会や面接、急な対応に迫られる事もあり、スケジュール管理が難しく、撮影の予約をしにくい時期でもありますのでその辺りも考えながら、ご自身のスケジュールや、就活への実感が湧いて来た頃が1番良い写真が撮れますので、参考にしていただけたらと思います。

カメラマン井上です

 

証明写真の当日予約OK:池袋,渋谷,東京神田

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
就活写真スタジオファン 池袋本店
HP:https://www.photostudio.fun/
TEL:03-6812-1915
〒171-0021 東京都豊島区
西池袋3-26-5 ニューマツモトビル5階
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇